うつ病・ストレス関連 疾患治療のご案内

概要

 4床室フロア32床、個室フロア24床、隔離室エリア4床からなる男女混合病棟です。 急性期・うつ病治療病棟では男性の子どもさんから老年期の患者さんまで多種多様幅広い年齢層の方々が利用されています。

2階4床室フロア 急性期治療フロア

 精神疾患の治療においては、早期発見・早期治療がその方のその後のQOLに多大な影響を与えます。集中した治療を早期に行うことで症状を軽減し、また社会復帰に向けて様々な活動に移行できるよう、患者さまの状態に応じて療養できる環境を準備しております。症状が亢進している際に、周囲の刺激を遮断し十分な休息をとれるように保護室などの療養環境もご用意しております。

 急性期は、消耗が大きいだけでなく、焦りや不安が強くなってしまう方も少なくありません。さらに、家族の元を離れて入院をする経験はご本人にとってもご家族にとっても大きな不安を伴います。そのようなお気持ちに少しでも寄り添い、入院生活に慣れていただけるように、スタッフがこまめに巡回し、いつでも聞ける、相談できる環境を心掛けています。

3階個室フロア うつ病治療フロア

 3階はすべて個室からなるフロアです。4床室に比べ、個室という静かで安心できる環境での療養を行うことにより、自分のペースを保ちながら療養できます。

 精神疾患を抱えると、人との交流自体に大きな困難が伴うことは珍しくありません。まずは、一人でゆっくりと過ごせる環境を整えていきます。スタッフとの1対1のやりとりから開始して、徐々に作業療法や談話室での交流に広がっていきます。生活のリズムを整え、食事を整え、少しずつ他者との関わりを重ねながら生活することが、とても大切な治療になります。そのようにして、対人交流のリハビリも進めていくことができます。

 主治医による精神療法はもちろんのこと、作業療法によるリハビリテーションやグループミーティング、臨床心理士によるカウンセリングやリラクゼーショングループ、心理教育プログラムも準備しております。また、精神保健福祉士が入院費や社会復帰に関するご相談などにも対応いたしております。

 ご家族との治療方針の共有も、精神科治療においては欠かせないことですので、家族面談を通して行っております。また、ご家族に疾患についての知識や関わる知恵を増やしていただくために思春期親プログラム「おやおや」や「摂食障害教室」「発達障害教室」なども準備しております。

治療プログラム

心理検査

 主治医が必要と判断した場合には、心理検査を受けていただいております。 各種知能検査や人格検査、症状評価のための検査を行っています。 ご希望に応じて、心理士による検査結果のフィードバック面接も行っております。

カウンセリング

 主に入院中の患者様を対象に行っております。 主治医と患者様とで治療方針について話し合いをされ、必要と判断された場合に、治療の一環として行います。 到達目標は、お一人おひとり様々です。セラピストと話し合いながら、方向性を決めていきます。また、期間や一回のセッションの時間は、ケースにより異なります。

リラクゼーションプログラム

 急性期治療フロア・リラクゼーショングループ

 週に1、3はグループリラクゼーション、第2、4は体操をしています(第5週はお休みです)。急性期時期の症状は精神症状が活発で、身体の緊張が強い状態が続き、心にも身体にも大きな疲労が伴います。少しでも気持ちが和らぐ時間を持っていただけるよう、心と身体のバランスが整うよう、お手伝いをさせていただいています。

 うつ病治療フロア・リラクゼーショングループ

 週に1回リラクゼーショングループを開催しています(5週目はお休みです)。 第1・3週はリラックスの作用や工夫をご紹介します。そして、実際に体験していただき、身体の緊張が和らぐ実感を得ていただけるようにサポートしていきます。 第2・4週は、ストレスと上手に付き合うためのアイディアを皆さんで研究したり、試し たりしてみましょう。心地よい時間を共有する技を増やしていきましょう。

作業療法

 精神科急性期うつ病治療病棟 作業療法紹介

 精神科急性期うつ病治療病棟の作業療法は男女混合で行います。作業療法では、退院後の円滑な日常生活が送られるように様々な作業を通して訓練をします。さらに現在の自分自身の状態を見つめ直し、得意・不得意を知ることによって今後の生活に役立てることを目指します。 作業療法の内容としては、注意力や集中力の回復を促す創作活動(手芸・革細工・アクセサリー作り等)や対人技能の向上を目指した活動(茶話会系プログラム)、リラクゼーション活動(ストレッチ・ヨガ等)があります。

  • 創作活動
  • 創作活動の革細工
  • リラクゼーション活動

小グループ作業療法

 早期介入の作業療法として、集団作業療法とは別に5-6名の少人数で行う小グループ作業療法があります。小グループ作業療法では、通常の集団作業療法で行っていることを少人数で行います。集団の人数が少人数と限られているため、緊張の強い方や、不安の強い方が安心して参加することができます。早期の作業療法を行うことで、急性期と言われる不安定な状態であっても入院治療がすぐに開始でき短期間で通常の集団作業療法プログラムへの移行することができます。

遮熱のしくみ

個別作業療法

 「退院後に家事や仕事ができるのか心配」や「自宅に帰ったら引きこもりになってしまうか心配」等、退院後にうまく生活を送れるかどうか気になる方々を対象に個別作業療法を提供します。
例えば、自宅での過ごし方に悩む人に対して自宅でのスケジュールの立案や、家や自室から出られない人に対しての外出訓練、職業適性検査(GATB等)など1人1人の目標に合わせた個別性に富んだ治療を実施しています。

復職支援うつ認知行動療法プログラム

 当院の臨床心理士と共に行う復職支援プログラムを実施しています。週に1回、全8回で行われるプログラムです。このプログラムでは、否定的な思考パターンを発見・修正する認知行動療法を行い抑うつになりにくい考え方を身につけられます。プログラムの後半では呼吸法やストレッチなどの心身のリラクゼーション方法を学び、さらに復職に向けての体調管理の方法や復職計画の立案、役立つツール紹介、また生活面での優先順位のつけ方なども紹介します。
復職を目的としたメンバーでグループが構成されているので、お互いに助け合う自助の力を治療に生かすことができ、うつ症状の悪化を防止しながら個々に合わせた復職支援を提案しています。 現在の復職実績としては、復職済の方が受講者全体の約50%、復職準備(リハビリ出勤やアルバイト開始)の方が約17%を占めています。

各種相談

精神保健福祉士

 初めて当院に受診のご相談をいただく際、ご案内を担当します。また、病気によって起こりうる様々な日常生活、社会生活上の問題や不安、心配事についてのご相談を受け、患者様と一緒に考えたり、福祉の立場からサポートをしています。

栄養相談

 栄養科は、患者様の栄養状態の維持・改善、QOLの向上へ貢献できるよう日々活動しております。 また、少しでも患者様の入院生活が充実するよう安心安全な食事はもちろんのこと、バリエーション豊富な美味しい食事の提供と各種プログラムの考案・実施をしています

薬剤相談

 精神科では、薬とのつき合いが長くなるケースは少なくありません。長期間、薬とつき合っていくためには、自分に合った薬を使用することが重要になってきます。そこで、安全・安心に薬を使い続けられるように、適宜、情報提供を行っています。また、医師からの依頼があれば、服薬の必要性を理解するための疾患教育を行っています。